Twitterアンケートで世論調査との相違検証

2018-04-21 TAKE-C

先日、メディアの世論調査とTwitterアンケートについて思うことを書きましたが、
それに関連して、世論調査の内容でTwitterアンケートを取ると結果がどのようになるかを検証しました。

アンケートの内容は、先週末行われた日本テレビ世論調査の設問から問5の内容にしました。
内閣支持率はTLを見る限りやっている方々が多いので、あえて違う内容にしてみましたw

国会では、財務省の決裁文書改ざん問題や加計学園の獣医学部新設など、安倍総理の責任を巡り論議が続いています。あなたは、安倍総理はどうするべきだと思いますか?


上記の設問に対して、Twitterアンケートでは以下の結果になりました。(回答数=154)
アンケートへのご協力ありがとうございました。


日本テレビ世論調査では「責任をとって辞任する」が1番多い結果となりましたが、
Twitterアンケートでは「この問題を切り離して、外交など山積する課題に取り組む」が1番多く
他の回答を大きく引き離す結果となりました。
回答数は154と、日本テレビの世論調査(回答数=772)の5分の1しか得られませんでしたので、
信憑性はないかもしれませんがw
でも、個人でやってみたTwitterアンケートの中では1番回答数が多い結果とはなりましたww

ここで、世論調査とTwitterアンケートの回答可能な時間及び対象者をおさらいをしてみます。

メディアの世論調査 (一例)
  • 時間: 朝9時頃~夜10時頃
  • 対象者: 固定電話または携帯電話を所有する有権者全体
    • このうち、ランダムに選択された人の中から答えたい人が回答

Twitterアンケート
  • 時間: 24時間
  • 対象者: Twitterが閲覧可能なPC、携帯電話、タブレットを所有する人全体
    • このうち、アンケート主催者のフォロワー中心に答えたい人が回答

メディアの世論調査もTwitterアンケートも、最終的には答えたい人が回答しますが、
Twitterアンケートでは、設問を目にする人がフォロワーさんや、
アンケートの内容に興味ある人がTwitter検索で見つけた人々が中心となっています。
Twitterアンケートの内容は、RT(リツイート)によって拡散させることができますが、
回答者の興味関心の傾向に大きく影響されると思っています。
それは、回答者が少ないほどその傾向は強いと考えています。

また、今回のアンケートをRTしてくださったTwitterユーザは、
政治的には愛国的・保守的傾向が大きいように思えます。
「責任をとって辞任する」が少なく、「この問題を切り離して、外交など山積する課題に取り組む」が多かったのは、
愛国的・保守的傾向のユーザ及びそのフォロワーさんの影響かもしれません。
リベラル・革新的傾向の回答者が多ければ、逆に「責任をとって辞任する」が多くなっていたかもしれません。
実際は、やってみないとわからないところではありますがw

続きを読む

News & Biz コメント: 0 トラックバック: 0

メディアの世論調査とTwitterアンケートについて思うこと

2018-04-15 TAKE-C

TAKE-Cです。

突然ですが、皆さんはTwitterのアンケート機能を利用したことがありますか?
その中には、内閣の支持・不支持を問うものがあります。

ネットのアンケートをもとに「内閣支持率が高い」と言うのは全くの誤りです|はる/みらい選挙プロジェクト(情勢分析ノート)|note
https://note.mu/miraisyakai/n/n59f846b087a4


上の記事に書かれてあるメディアの世論調査とTwitterアンケートの違いを列挙すると以下の通りになります。

メディアの世論調査
  • 日程は土日を含む朝9時頃~夜10時頃
  • 質問をかける対象者を有権者全体の中からランダムに選ぶ
  • 固定電話または携帯電話が対象で、不在などの場合は最大6回ほどかけ直す

Twitterアンケート
  • 回答したい人だけが群がって回答

以上を根拠に、ネットのアンケートをもとにして「内閣支持率が高い」と言うのは、
たとえ回答数が多くても誤りとしています。

確かにTwitterアンケートを見ている人は、フォロワーさんや、
アンケートの内容に興味ある人がTwitter検索で見つけた人が中心に回答していると思っています。

しかしながら、メディアの世論調査も回答したい人とそうでない人がいるので、
そこまで信憑性に差があるわけではないと個人的には思います。
また、Twitterアンケートの場合は24時間回答可能なので、
回答可能時間はTwitterアンケートのほうが長いと言えます。
それから、携帯電話を持っていなくてもPCやタブレットで回答できるので、
回答手段はどちらかといえばTwitterアンケートのほうが多いかなと思っています。

なので、回答可能な時間及び対象者はこんな感じですかねw

メディアの世論調査
  • 時間: 朝9時頃~夜10時頃
  • 対象者: 固定電話または携帯電話を所有する有権者全体の中からランダムに選択
    • このうち、答えたい人が回答

Twitterアンケート
  • 時間: 24時間
  • 対象者: Twitterが閲覧可能なPC、携帯電話、タブレットを所有する人全体
    • このうち、答えたい人が回答

長々と書きましたが、メディアの世論調査やTwitterアンケートは参考程度にとどめておくのがよいかと思います。
完全にすべての有権者を対象にしているわけではないですし...
個人的に1番信憑性が高いと思うのは選挙の結果だと思います。

とはいえ、メディアの世論調査とTwitterアンケートの違いは実際どうなのか気になるところです。
そこで、今週末行われた日本テレビ世論調査の設問から問5の内容について、
世論調査と僕がとってみたTwitterアンケート結果がどれほど違うのか試してみます。

国会では、財務省の決裁文書改ざん問題や加計学園の獣医学部新設など、安倍総理の責任を巡り論議が続いています。あなたは、安倍総理はどうするべきだと思いますか?


上記の設問に対して、日本テレビの世論調査では以下の結果となりました。(回答数=772)

  1. 真相の究明と再発防止に全力をあげる: 31.7%
  2. この問題を切り離して、外交など山積する課題に取り組む: 28.1%
  3. 責任をとって辞任する: 34.8%
  4. わからない、答えない: 5.3%


Twitterアンケートでも同じ選択肢を設けてみましたが、
どのような結果になるか気になるところです。
少なくとも、日本テレビの世論調査に近いぐらいの回答数がほしいところですが、
僕のアンケートはだいたい数票で終わるので回答数は非常に少ないかもしれませんw

News & Biz コメント: 0 トラックバック: 0

2018 造幣局桜の通り抜け

2018-04-14 TAKE-C

tft180414.png

ソメイヨシノは完全に葉桜になりましたが、今週水曜日から造幣局の桜の通り抜けが始まりました☆
せっかく大阪に住んでいるのに行かないのはもったいないので行きましたw

まずは、おとといに仕事が早く終わったので夜桜見物に行きました☆









また、日中の時間帯も行こうと思い、今日の昼前にも行きました☆
今日は雨予報で夕方から雨になりましたが、午前中は晴れてて良かったです♪













造幣局桜の通り抜けは17日までやっているそうです。
今夜から明日の雨が心配ですが、持ちこたえてほしいところです。

Free Time コメント: 0 トラックバック: 0

2018 雨風耐えた桜たち(in 彦根)

2018-04-07 TAKE-C

昨日の雨で、関西エリアの多くでは桜が結構散ってしまい葉桜となる中、
今日は彦根城の花見に行きました。

大阪から彦根まで電車で行きましたが、
車窓から見える桜の木々を見る限り結構葉桜になっていました...
なので、正直先週末に行っておけばよかったかなぁと思いました。

それでも、雨風耐えて散らずに残っている花がまだまだあったので
いくつか写真をUPしました☆






その他、2018年の桜たち

Free Time コメント: 0 トラックバック: 0

2018 夜桜写真たち

2018-04-03 TAKE-C

先週は大阪のベタなところにはなりますが夜桜見物に行ってきましたw
いくつか夜桜の写真をUPしときます☆





Free Time コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム 次ページ >

プロフィール

TAKE-C

名前: TAKE-C
なんちゃってICTエンジニア。
昭和生まれ平成育ち。山口産。

アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  07  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

Twitter

ブロとも一覧


こもにゃん日記♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

Since 2013-03-02

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード