猛暑対策にサマータイム導入は無意味

2018-08-15 TAKE-C

先日、Twitterで以下の4つのうちどれが最も反対かについてアンケートを実施しました。
  • 2年間限定のサマータイム実施
  • 天皇陛下譲位による新元号即位日公表
  • 消費税の増税と軽減税率の導入
  • 特定の年に限定した祝日の移動
その結果、「2年間限定のサマータイム実施」が最も多い結果となりました。
それも、2番目に多かった「消費税の増税と軽減税率の導入」の3倍以上の大差をつけての結果となりました。

サマータイムについては、システム改修面、健康面などで非常に大きなデメリットがあると考える人が多いように感じました。
ただ、世論調査ではサマータイム賛成派がサマータイム反対派を上回っているのは、どうも個人的にはとても理解できません。
今回、東京五輪・パラリンピックの実施における暑さ対策という名目で導入しようという動きとなっていますが、
個人的には意味がないと考えています。

その根拠として、今年の7月24日から8月9日までの10分単位における東京の気温を調べてみました。
☆データの詳細が見たい方はこちら☆
その中で、東京五輪の競技時間を7:00~24:00と仮定した場合の平均気温を調べてみました。
Twitterでは、数日前に9:00~22:00と仮定した場合についてつぶやきましたが、
マラソンの開始時間(7:00)を考慮していなかったため調べ直しました。
通常の場合: 28.7℃、1時間早めた場合: 28.7℃、2時間早めた場合: 28.6℃、15時以前まで2時間早めた場合: 28.1℃
その結果、早めなかった場合と2時間早めた場合とでは、平均気温は全体で0.1℃しか下がっておらず、
平均気温はほとんど変わらないことがわかりました。
これは、単純に2時間早めただけでは、総合的に見て暑さ対策にならないということとなります。

今度は、10分毎でどれほど気温に差があるか調べてみました。
☆7:00~15:00の気温差☆ ☆15:00~24:00の気温差☆
10分毎の差を見ると、14時台までは2時間早めることで涼しくなる傾向であることがわかります。
確かに、マラソンの競技実施時間帯(7:00~10:00あたり)は、最大で2.0℃涼しくなっています。
ところが、15時台以降では、むしろ気温が上昇し、単純に2時間早めることは逆効果であることがわかります。
特に夕方に実施する競技では、最大で1.7℃も暑くなります。
個人的には、これだけでもサマータイム導入の意味はないに値します。
五輪の競技時間(特に屋外競技)について、もっとも暑い時間(13:00~15:00あたり)を避けるように組めばいいだけです。
サマータイムによって五輪とは無関係な人々を巻き込むことは、何が何でも避けなければなりません。

【参考URL】

気象庁|過去の気象データ検索
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php
※東京の気温のデータについては、以上のURLから調べました。

News & Biz コメント: 0 トラックバック: 0

SEやプログラマの皆さんへ

2018-08-10 TAKE-C

今週もお仕事お疲れ様です。
明日からお盆休みの方、いや、お盆休みの時期も出勤という方もいらっしゃるかと思います。

本題に入りますが、この先、システムエンジニア(以下SE)やプログラマ(以下PG)の皆さんにとって、地獄の日々が予想されます。
例えば...
  • 東京五輪開催に伴うサマータイムの期間限定実施に伴う対応の可能性
  • 天皇陛下譲位に伴う新元号の対応
  • 消費税の10%への増税軽減税率の導入に伴う対応
  • 東京五輪開催の年(2020年)に限定した祝日移動に伴う対応
今回は、この中でSEやPGなどのICTエンジニアにとって最も避けたいイベントはどれなのか聞いてみたいところです。
というわけでTwitterアンケートを用意しました。(回答期限は2018年8月13日21:03:00(JST))

この他にも、Windows 7のサポート終了に伴う対応などもありますが、ここでは割愛しておきます。
個人的には、サマータイム実施が最も地獄と考えていますが、皆さんはいかがでしょうか?

News & Biz コメント: 0 トラックバック: 0

東京五輪開催に伴うサマータイム導入に反対

2018-08-07 TAKE-C

サマータイムは、70年前にも実施されていた。「多くの国民に戸惑い」3年間で廃止
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00010006-bfj-soci
安倍晋三首相が、東京五輪に向けたサマータイムの導入を検討するよう、自民党の部会に指示した。実は70年前の日本でも、3年間だけ「夏時刻」が導入されたことがある。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】(BuzzFeed Japan)


東京五輪に向けて、サマータイムの導入が検討されていますが、
僕は、東京五輪開催による来年(2019年)と再来年(2020年)のサマータイム導入に強く反対します。

その理由を以下にまとめました。

1. サマータイムに対応するためのシステム改修する上で準備期間が短すぎる


サマータイムの導入については、東京五輪が決定した5年前の段階で検討していれば十分な準備期間がとれたはずですが、
五輪開催から2年切った今からでは非常に遅いと考えています。
それを翌年の初夏(4月か5月あたり)から実施となると、準備期間は1年もありません。
現在導入しているシステムについて、サマータイム導入に伴う影響範囲の調査だけでもかなりの時間がかかると思われます。
おそらく新元号対応以上に影響範囲が莫大になるものと思われます。

同じく翌年には新元号対応や消費税増税と軽減税率の導入を控えていますが、
この対応だけでも、システム会社で働いている人々にとっては激務続きです。
さらに、再来年には東京五輪開催に伴う祝日移動が実施されることもあり、
祝日を扱うシステムについても改修が必要となってきます。
この状況下でサマータイム導入決定ということになると、かなりの地獄絵図が想像できます。
今の状況でも地獄絵図といえるかもしれませんが...
それから、新元号の公表はいつになるのやら...

2. 五輪競技実施に当たり、単純な時間を前倒しするだけでは無意味


五輪の競技実施に当たって単純に時間を前倒しするだけでは、夕方に実施する競技が1番暑い時間帯になりうるので、
あまり意味はなさないと思います。
個人的には、競技(特に屋外競技)の時間について、
最も暑くなる時間帯(13:00~15:00あたり)を避けるようプログラムを組めば十分と思っています。
まぁ、できれば五輪は暑い夏ではなく涼しい秋に実施したいものですが...

その他の理由もありますが、今回は、システム改修と五輪競技実施の観点を中心に述べさせていただきました。

News & Biz コメント: 0 トラックバック: 0

淀川花火大会に行ってきた☆

2018-08-05 TAKE-C

8月4日、大阪最大級の花火大会であるなにわ淀川花火大会に行きました。
混雑回避のため、会場へは3時間近く前に到着しました。
猛暑を回避したい気持ちもありましたが、混雑回避を重視しましたw
実際到着してみると、場所に余裕がありましたし、
河川敷は緑が多いおかげで街中よりもしのぎやすい暑さでした(´∀`*)
なので、早めに行って正解でしたw
花火大会に行く上で、よかったら参考にしてくださいww

今回の花火大会で撮影した花火の写真をまとめました☆
打ち上げ場所から少し離れた場所の河川敷から撮影しましたw
ド素人がスマホで撮影したので質は今一つですが、量でカバーしたつもりですww













Free Time コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

TAKE-C

名前: TAKE-C
にゃんちゃって情報技術者

アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  07  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

Twitter

ブロとも一覧


こもにゃん日記♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

Since 2013-03-02

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード