転職先決定の報告

2020-01-26 TAKE-C

TAKE-Cです。
NEET西日本を辞めることとなりました。
もとい転職先が決まりました。

転職先決定とともに転居が必要なので、部屋探しをし、これから引っ越し作業です。
入社日まで短期間なので非常に効率的にやらねばなりませんw

しばらくTwitterのつぶやきが減り、ブログの更新が滞る予定です。
まぁ、ブログはもともとスローペースですがw

というわけで、その点どうかご了承ください。

Free Time CM: 0 TB: 0

就職面接はつらいよ...

2020-01-22 TAKE-C

NEET西日本のTAKE-Cです。

今週から週4回以上のペースで面接を受けています。
面接が大の苦手な僕は、案の定コミュニケーション面で苦戦しております。

  • 緊張しがち
  • 不安になりがち
  • 質問に対する返答で言葉に詰まりがち
  • 面接官のペースにのまれ、明るさと元気さを失いがち
  • 自分の強みや今後の目標をアピールすることが下手


経歴から応募先を的確に絞っているつもりなんで書類選考通過率は5割以上と高めですが、
面接でかなりふるい落とされそうです。
実際、今日時点で1社面接で落ちました...

面接で落ちる理由については、以下のURLが参考になります。

一次・二次・最終面接で落ちるのはなぜ? 面接官によって異なる「不採用のワケ」 |転職ならdoda(デューダ)
https://doda.jp/guide/mensetsu/husaiyo/


読んだところコミュニケーション面の理由が大きいように思います。
業務とのマッチング、将来的ビジョン以前の問題ですね......
実際、新卒のときは1次面接で一時十数連敗以上していた記憶があります。
それに、10年ぶりの就職面接ということでブランクもあると思っています。

まぁ、落ち込んでいても仕方がないので、履歴書と職務経歴書の作成に励みます。
まだまだ持ち駒もあるし、軌道修正を図っていきます。

News & Biz CM: 0 TB: 0

来週からは面接ラッシュ

2020-01-15 TAKE-C

NEET西日本のTAKE-Cです。

転職活動では、今年に入って20社近く応募しております。
新卒の時は1ヶ月あたり4社、前回の転職活動では1ヶ月あたり2社なので、かなりのハイペースですw
すでに数社程度、書類選考通過という結果をいただいています。
しょぼい経歴でも通ることはありがたいですが、問題は面接です。
僕は面接が大の苦手でして、新卒時代における面接からの内定に至る確率は5%程度です...
前回の転職活動では、実務経験1年未満と経験不足ながらも運よく内定をいただいた感じですw
仮に、書類選考通過率が高めの50%、面接からの内定率5%と仮定すると、20社でも足りないぐらいです...
でも、反対に運よく複数内定をいただいた場合に辞退の連絡を入れるのもつらいです...
てか、そもそも面接下手の僕が辞退の連絡を入れたことがないですww
今回は応募のペースがハイペースなんで、面接に向けた準備時間もそんなに取れず、
準備不足のままの面接となって、今回の応募の範囲では内定取れない可能性があるのが怖いです......

まぁ、来週からの面接をクリアする上で、以下のことを意識しようと思います。
  • 会話のキャッチボールをすること
  • 明るく元気であること
  • きちんとした挨拶
  • きちんとした身だしなみ
  • 具体性のある職務経歴やスキル
  • 明確で納得のいく退職理由
  • 企業・職業研究した上での明確な志望動機
  • 自分の強みを活かせる明確な今後の目標
  • その他社会人としてのマナー (遅刻時の連絡等)

News & Biz CM: 0 TB: 0

Windows 7から10へ

2020-01-14 TAKE-C

tft200114_2.png

NEET西日本のパソコンの大先生、TAKE-Cです。

Windows 7のサポートが本日(2020年1月14日)終了するとのことで、
昨日、ノートPCをWindows 7からWindows 10へアップグレードさせました。

使用してから8年目となるので、うまくアップグレードできるか心配でしたが、
5時間かかった末、無事にWindows 10へアップグレードできました☆

Windows 10になっても、引き続きPCを愛用していきますw

News & Biz CM: 0 TB: 0

今の世の中って次世代に不寛容過ぎない?

2020-01-11 TAKE-C

NEET西日本のTAKE-Cです。
今回は言わせてください!

ここ数年思っていることですが、昔に比べて寛容さのない世の中になってきているように感じます。
僕の少年時代は、外では公園で自由にボール遊びができていましたし、
家の中では友達と自由にTVゲームをやっていました。
ゲームのやり過ぎで親からしばらく禁止されたことがありますがねw

それが、今の公園には「ボール遊び禁止」「会話禁止」と禁止事項だらけになりました。
なんでもかんでも規制すればいいってものではないですし、
少子化が進んでいる中でこんな状況を作ると、公園から子どもはどんどん減ります。
かといって外で遊ばないことを憂いて、香川県ではゲーム利用時間の規制といった動きまで出ていますが、
次の時代を担う子どもたちを縛り付けているようにしか思えません。
こうした規制ばかりでは、自由な発想を持った大人がどんどん減るばかりな上、
社会の不寛容さがますます増すスパイラルに陥ると思っています。

寛容さがなくなった原因は、道徳的な面もありますが経済格差の拡大によるものが大きいと個人的に思います。
経済的余裕のない世帯が増えたことで、心身の余裕がなくなり、
心身の余裕のなさからか、些細なことにクレームを入れ、
そのクレームに対応すべくいろいろと規制するようになったと思っています。
その規制する先が、特に次の世代に対してが多いように感じます。
それが、公園での「ボール遊び禁止」「会話禁止」、ゲーム利用時間の規制にあたると思います。
学校の校則も、下着の色まで指定するといった動きもあるので、昔に比べてむしろ校則が厳しくなっている気がします。

新たに挑戦しやすい自由な世の中にするために国民一人ひとりができることとしては、
政治的には経済的セーフティネットや社会的自由を尊重する考えを持つ政治家を選びたいところです。
そうすれば社会は少しでも寛容になるのかなと感じています。

News & Biz CM: 0 TB: 0

ホーム 次 >

Bluesky

自然季節や今の話題等を投稿。
猫投稿のシェアも有。

Instagram

お出かけで撮った風景等を投稿。
Threadsで日々のあいさつ。

タイッツー

適当にどうでもいいことを投稿。
C-TAKEという名で活動。