平成最後の5月終了に思う

2018-05-31 TAKE-C

TAKE-Cです。

今日で平成最後の5月が終わるそうです。
「平成最後」という言葉を聞くたびに、新元号対応のことが頭をよぎってしまいますw

先日、新元号の公表時期として以下の中でどれがふさわしいかアンケートを取りました。
  • 今年9月まで
  • 今年10月~今年12月
  • 来年1月~来年3月
  • 来年4月

アンケートの結果は以下の通りです。

回答数は少ないですが、今年9月までの公表がふさわしい意見が1番多いという結果になりました。
個人的には、新元号への移行を円滑に進めるうえで、明日にでも公表してほしいぐらいです。
しかしながら、来年4月がふさわしいという意見もそれなりに見られました。
崩御による元号の切替と違って、準備期間があるだけマシってことでしょうか...
ただ、1ヶ月前の公表について、経済界から「危険」との声が上がっています。

新元号の発表は1か月前? 経済界から“危険”シグナル続出(FNN PRIME) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00010003-fnnprimev-bus_all
今日5月31日は、”平成最後”の5月ということになる。


僕は、いわゆるIT系、ICT系と呼ばれる業界で働いている身です。
その業界の関係者からは、
「1か月前の公表は危険。対応する企業としてはこのニュースを見て驚いた」
とありますが、僕も驚きを禁じえないです。
システムを改修する際は、スケジュールや工数の見積が必要ですが、
小規模で単体で動くようなシステムであれば、1ヶ月で間に合うかもしれません。
ただ、様々なシステムと連携する場合は、影響範囲の調査が必要になりますし、
影響範囲によっては、改修に非常に多くの時間を要することも考えられます。
さらに、開発を進めるにあたって、遅延が発生することはよくありますので、
新元号スタートに間に合うと思ったものが間に合わないことがあります。
間に合ったとしても、システムトラブルの発生で業務がストップする可能性も考えられます。
これでは、新元号による経済効果はプラスどころかマイナスになりかねません。

昭和から平成に変わった時代に比べて、情報化がさらに進んだ今日は、
元号切り替えに伴う国民生活の影響は、非常に大きいと個人的に考えております。
なので、システム改修に十分な時間を取るためにも、個人的な意見として、遅くとも今年の夏までは公表を望みます。
そういえば当初は今年の夏に新元号を公表するんじゃなかったっけ...

新元号の切り替えはスムーズでありたい。
ただそれだけです。

News & Biz コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://sun3ene.blog44.fc2.com/tb.php/484-8e686c13

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

TAKE-C

名前: TAKE-C
なんちゃってICTエンジニア。
昭和生まれ平成育ち。山口産。

過去の記事

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  07  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 

Twitter

ブロとも一覧


こもにゃん日記♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者数

Since 2013-03-02

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード